【渓流釣り】ミステリーランチ 2DAY ASSAULTレビュー

ミステリーランチ 2DAY ASSAULT

こんにちは、モモです!
今回はミステリーランチ 2DAY ASSAULTを実際に使ってみたレビューをしていきたいと思います💡

「釣りにはベストを使っているけど、リュックにも興味がある!」

「容量があって、アウトドアでガンガン使えるリュックが欲しい!」

「気にはなっているけど、実際の所どうなのかな?」

と悩まれている釣り人の方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

山岳渓流が多い長野県で、年間最大100回以上の釣行をしている筆者が本音で解説!

結論から言うと…
肩・背面の安定感も十分!防水性もあり収納力にも優れた釣り向きのリュックです💡

悩める釣り人の味方、それがミステリーランチ 2DAY ASSAULTです。

さっそく詳しくお話していこうと思います。

ミステリーランチ 2DAY ASSAULTを使ってみようと思った理由

私の場合、山岳渓流への釣行が年間の大多数を占めているため、必然的にベストを着用するよりはリュックを選択することが多かったのです。

その中で防水性のリュックや釣りメーカーのリュックなど色々と試しましたが、ミステリーランチのGALLAGATORというモデルが私の釣りスタイルと合っていたので多用していました。

日帰り釣行で使用するには機能として十分だったのですが、カメラやロープといった大型の荷物&ルアーやフライのタックルなど、持っていきたい物が増えるにつれてGALLAGATORの容量では足りなくなってしまいました(笑)

GALLAGATORよりは容量があって、似たようなモデルはないかなぁと探していると…
2DAY ASSAULTというモデルを発見したというわけです!

今使っているリュックだと容量がギリギリ…と悩んでる釣り人の方も多いのではないでしょうか?
私も同じ悩みを持っていましたが、2DAY ASSAULTは見事に解決してくれました💡

実体験

2DAY ASSAULTを導入し始めてから2‐3年ほど経過しますが、山岳渓流へ行く際は必ず使っているリュックになります。実体験を踏まえてメリットとデメリットを解説していこうと思います。

メリット

まずは、収納力!

GALLAGATORが19Lだったのに対して、2DAY ASSAULTは27Lと大幅にアップしました。

実際の釣行バージョンが下の画像の感じになります。

外にもカラビナ・スリング・ランディングネットを始め、ルアー・フライのタックルを余裕を持って取り付けることができました。

因みに、どれだけ入れることができるのか気になる方もいると思うので取り出しました。

これだけの荷物を持っていくことができれば、もう十分ですね(笑)

カメラやロープ、アクリル水槽もしっかり詰め込むことができました!

リュックの中は、別で収納袋がついています。ちょっとした小物を忍ばせておくのに意外と便利です。
私は、GoPro・バッテリー・ティッシュなどを入れています。

次に防水性能が搭載されている点ですね。

沢を歩き回る釣り人にとって、リュックの防水性は何としてもほしい所ではあります。

結構知らず知らずのうちに、水しぶきがかかったりして濡れることもあれば、水の中へボチャンと落ちてしまうことも…
山の中なので、突発的な雨に見舞われることもあります。

リュック表面に水を垂らしてみるとこんな感じです。

特に撥水スプレーを吹き付けたりしていないので、純粋に2‐3年使い続けてもこれだけ水をはじくということですね。

過去に釣行中、突然の豪雨に4‐5時間程度リュックが曝され続けたことがありました。

元々メーカーも雨が降った際はカバーを付けることを推奨しているので、中身がびしょ濡れになっているだろうなと覚悟して見てみると…

全く濡れていなかった…なんてこともありました。流石に驚きましたね。
でもカバーはしっかりつけましょうね!

後は、安定感のある肩回りと背面がある点です。

これは結構重要な点で、ここが疎かになると肩腰回りに負担がかかり、疲労が溜まりやすくなります

山や沢でアクティブな動きを繰り返す渓流釣りで、そのように体に負荷がかかり続ける状態は危険です。

以前の記事で、初心者をガイドした際に実践してよかった安全対策に関して解説しているので、ご覧ください。

実際の写真だとこんな感じです。

クッション性があり、負荷が直接かかりづらくなっています。
UL(ウルトラライト)用のリュックだとこのあたりが簡単な作りとなっているので、肩腰・背中周りへの負荷のかかり方が強いです。

1日中背負うものではあるので、このあたりがしっかり配慮されているのは嬉しいですね。

デメリット

デメリットについて触れていきたいと思います。

が、これといって不満はないんですよね…あったら、2‐3年も使っていません(笑)

あえて欲を出すとすれば、防水カバーを標準装備としてほしい点ですかね。別で買うと結構高いので。

リュック自体の重量は、UL用の物と比較するとガッシリとしている分重いです。
UL装備で渓流釣りをしたい方にとっては、オススメできるものではないかもしれません。

今後不具合を感じる点が出てきたら、追記をしていこうと思います。

まとめ

実体験を踏まえて、メリットとデメリットを解説していきましたが、いかがでしたか?

ミステリーランチ 2DAY ASSAULTは収納力が高く防水性にも優れていますが、その分重量があるのでUL装備愛好家にとっては魅力が薄れるかもしれません。

私は、2‐3年山岳渓流で酷使し続けていますが特に目立った不具合はないので、満足しています。

今回の記事の内容を踏まえて、源流泊の選択肢の1つとしていかがでしょうか💡

コメント

タイトルとURLをコピーしました