渓流釣り

【渓流釣り】プラティパス ソフトボトル レビュー

山岳渓流釣行が多い&軽量でコンパクトに収納可能で耐久性のあるソフトボトルが欲しい方にオススメなのは、プラティパスのソフトボトルです。ハードな山行にも適した耐久性で自在に形状変化するためコンパクトに収納も可能です。実体験に基づくメリットデメリットを踏まえたレビュー記事となっています。
渓流釣り

【源流泊】GRANITE GEAR(グラナイトギア) エアジップサック レビュー

山での判断時間を減らしたい&道具を濡らさずに収納しておきたい方には、GRANITE GEAR(グラナイトギア) エアジップサックがオススメです。軽量で高い防水性と撥水性を兼ね揃えたシルナイロン素材で、カラー&サイズ共に豊富なため用途別にコンパクトな整理が可能です。実体験に基づくメリットデメリットに触れたレビュー記事となっています。
渓流釣り

【渓流釣り】木曽川水系 翠玉の渓にてヤマトイワナ開拓

木曽川水系でのヤマトイワナ開拓。ハイキング気分で山へ入り、エメラルドグリーンの渓へ。期待はあまりしていなかった中で、美麗なヤマトイワナ達の姿を確認することができました。ルアーフィッシングでの釣行記となっています。
渓流釣り

【源流泊】GRANITE GEAR(グラナイトギア)eVent シルコンプレッサー レビュー

山岳渓流での源流泊では、GRANITE GEAR(グラナイトギア)eVent シルコンプレッサーがオススメです。軽量かつコンパクトに圧縮可能、完全透湿防水素材を採用しており、高い防水性能と濡れたものを気にせず収納できるメリットがあります。実体験に基づくメリットデメリットに触れたレビュー記事となっています。
渓流釣り

【渓流釣り】天竜川水系 ヤマトイワナ開拓 もう一つの最終章

天竜川水系のヤマトイワナ開拓。前日までの源流泊で最深部調査を終了させて日が浅いですが、もう一つの最終章も忘れてはいけません。今シーズンから始めた水系の開拓を無事終了させることができました。大型のヤマトイワナが次々に出てくる楽園のような場所です。ルアーフィッシングでの釣行記となっています。
渓流釣り

【源流泊】木曽川水系最深部 ヤマトイワナの谷(二日目)

木曽川水系最深部のヤマトイワナ開拓二日目です。目的地に到達した翌日は、幕営地の沢の探索をします。様々な模様のヤマトイワナがおり、ゆったりとした釣りを楽しむことができました。ルアーフィッシングでの釣行記となっています。
渓流釣り

【源流泊】木曽川水系最深部 ヤマトイワナの谷(一日目)

木曽川水系最深部ヤマトイワナ開拓の一日目。三年に渡る開拓の末に、ついに目的の滝へ到達することができました。峡谷に住まう原種ヤマトイワナと荘厳な滝が織りなすハーモニーは格別です。ルアーフィッシングでの釣行記となっています。
渓流釣り

【渓流釣り】天竜川水系 原種ヤマトイワナを求めて

天竜川水系でのヤマトイワナ開拓。同行者と共に、ルアーフィッシングで釣り上がっていきます。小規模な渓ですが、多くのポイントでヤマトイワナの姿を確認することができました。
渓流釣り

【渓流釣り】諏訪湖漁協 ヤマトイワナの潜む沢

諏訪湖漁協管内の沢にてヤマトイワナ開拓。放流事業を実施していない漁協だけあり、魚影が乏しく型も小さいです。ベテラン釣り師との出会いがあり、3つ目の沢にてヤマトイワナの姿を確認することができました。フライフィッシングでの釣行記となっています。
渓流釣り

【渓流釣り】TONBOREX(トンボレックス) レスキューグローブ レビュー

TONBOREX(トンボレックス) レスキューグローブは、山岳渓流での遡行や高巻き藪漕ぎ多い&よりフィットしたグローブがほしい方にオススメです。軽量かつグリップ力があり、使用毎に手に馴染むフィット感で細かい作業もストレスなく可能です。実体験に基づくメリットとデメリットの側面からレビューした記事となっています。
タイトルとURLをコピーしました